妊娠や分娩に影響する病気の有無を婦人科で検査します

結婚を控えた皆さんは、結婚式の打ち合わせや新婚旅行の準備、新居への引越し手続きなど、新生活のスタートへ向けて、充実した毎日をお過ごしのことと思います。
でも、ご自身や大切なパートナー、そして将来生まれてくる赤ちゃんのための「ブライダルチェック」はお済みですか?

ブライダルチェックとは、結婚を控えている女性を対象にした婦人科検診のことで、肝炎・HIV(エイズ)・クラミジア・カンジタ・梅毒をはじめとする感染症や子宮がん・卵巣腫瘍など、妊娠や分娩に影響を与える病気の有無をあらかじめチェックする目的で行います。

両親や友人、会社の同僚を迎えての“最良の日(=結婚式)”を綺麗な体で迎えたい、という気持ちから「ブライダルエステ」が人気ですが、晩婚化が進んだ近年は、見た目の美しさだけではなく、健康な体で確実に子供を授かりたいという考え方が急速に広まってきています。東京のあるクリニックが20~30代の女性にアンケートを行ったところ、「結婚を機にブライダルチェックを受けたい」との回答が全体のおよそ8割にものぼりました。

セックスによってうつる病気を性感染症(STD)といいますが、その代表格でもある淋菌やクラミジア、HIV(エイズ)といった病気は、初期の自覚症状がありません。感染に気づかないまま新婚生活をスタートした結果、パートナーへも病気を移してしまうケースも少なくありません。そのまま放置していると、不妊症や子宮外妊娠、母子感染などのリスクが生じます。だからこそ、結婚前のブライダルチェックが大切になってくるのです。

ブライダルチェックは病気が見つかったときの治療期間も考慮して、結婚直前ではなく、ある程度余裕を持って受けるようにしましょう。受診する医療機関によって検査項目が異なりますので、料金は一概にはいえませんが、2万~4万円くらいの場合がほとんどです。

医療機関で検査を受けるに越したことはありませんが、「仕事や結婚の準備が急がしくて時間がない」、「女性医師がいる医療機関が近くにないので、受診したくない」などの理由でお困りの方には、自宅で好きな時間に行える「郵送検診」がオススメです。

最大12項目の感染症を一括して調べることができますし、気になる検査の精度も医療機関と同等となっています。結果は郵送以外にもパソコンや携帯によるインターネットで本人だけが見ることもできるので、気になるプライバシーへの配慮も万全です。