卵管に細菌が感染して、炎症を起こす卵管炎

卵管に大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌、淋菌、クラミジアなどの細菌が侵入して、炎症を起こしたものが卵管炎です。通常、卵巣も一緒に炎症を起こすことが多いため、二つあわせて子宮付属器炎と呼ぶことがあります。炎症が更に拡がると、骨盤腹膜炎となります。

ガマンできない下腹部痛

細い卵管は細菌に対する抵抗力が弱いため、卵管炎は発症頻度が高い病気でしたが、現在は抗生物質の使用などにより、減少傾向にあります。

急性期ではおりものの増加が目立ち、下腹部痛や高熱、悪感(ふるえ)が現れます。さらに頭痛や吐き気、排尿・排便時の痛みを感じる人もいます。

急性期の段階で、婦人科で治療を行えば、痛みや熱は1週間程度で治まります。しかし、普通の風邪などと勘違いして放置していると、化膿して、痛みや高熱がひどくなり、腹部が大きく腫れてきます。セックスの際に強い痛みを感じるのはこの時です。

慢性期に入ると、急性期ほどの激痛は見られず、体温も高くはなりません。しかし、卵管や卵巣が周囲の臓器や組織と癒着するため、鈍い下腹部痛や腰痛、性交痛、生理前の痛み、不正出血などの異常を訴えるようになります。また、卵管炎が慢性化すると、不妊の原因となってしまうこともあります。

卵管炎と連動して起こりやすい卵巣炎にも注意

卵巣の炎症も原因は卵管炎と同じで、淋菌クラミジアといった性感染症(STD)病原微生物や、大腸菌、連鎖球菌などが卵巣に感染し、炎症を起こしたものです。単体で発症するのは稀で、卵管の炎症が、それに続く卵巣にも拡大したと考えるとよいでしょう。

原因が同じなので、症状もよく似ています。すなわち、急性期には発熱や下腹部痛があり、慢性期になると痛みはあまり感じなくなり、熱も平常時の体温に近くなります。

しかし、生理不順になったり、あるいは生理そのものがなくなったりしやすく、しばしば不妊の原因となるため注意が必要です。

治療も卵管炎と同じで、抗生物質や消炎剤を使用します。病気のとき、過労やストレスで体力が低下した時に起きやすくなっていますので、急性期のサインを放置せずに、婦人科を受診することが大切です。。