特定の体位での性交痛、ひどい生理痛は子宮内膜症の可能性

健康な女性の子宮の内膜は、卵巣から分泌されるホルモンの影響を受けて、増殖と剥離(出血)を繰り返しています。

婦人科で診察機会の多い病気

しかし、子宮内膜の組織が、子宮の内側以外の場所に発育してしまうことがあります。これが子宮内膜症です。

子宮外で発育した組織であっても、生理時には健康な組織同様に出血があります。しかし、子宮内膜と異なり血液の出口がないために、そこに溜まっていき、周囲の組織と癒着を起こしてしまいます。

子宮内膜症の代表的な症状は、我慢できないほどの生理痛です。次いで生理以外の下腹部痛、腰痛、排便時の痛み、おりものの異常、疲労感、不妊などが続きます。

なかでも不妊は大きな症状です。癒着が卵管の機能低下を招いたり、卵巣に血液が溜まってできた袋(チョコレートのう胞)によって排卵が困難になるなど、子宮内膜症は妊娠のメカニズムにさまざまな悪影響を及ぼすことが分かっています。

また、癒着を起こした部分をセックスの際に刺激されると、激しい痛み(性交痛)があるため、特定の体位になると必ず同じ部位が痛い場合には子宮内膜症の疑いがあります。

なお、セックスにおける痛みの原因としては、子宮内膜症以外にも性器の炎症や子宮の位置の異常なども考えられます。

また、ペニスとの摩擦が痛みとなることもあります。性的な刺激を受けると、女性の膣壁やバルトリン腺から分泌液がでて、ペニスがスムーズに挿入できるようになるのですが、前戯が十分でなかったり、パートナーの配慮が足りなかったりすると、分泌液が少なくなり痛みが出ることもあります。

生理を繰り返すごとに血液は貯まり続けるので、生理痛は時間の経過とともに酷くなっていくのが特徴です。これらの症状が該当する場合は、婦人科で超音波検査、内診などの検査を受けることをオススメします。

子宮内膜症は30代から40代前半に多く発症する病気ですが、近年は20代の若い世代の女性にも増えてきており、女性の10人に1人はこの病気にかかっているとされています。

子宮内膜症がある女性は、そうでない女性に比べて妊娠しにくくなる傾向があるため、将来妊娠を希望している人は、早めの治療が肝心です。

子宮内膜症の治療は、薬物療法と手術療法が選択肢となります。薬物療法は、「対処療法」として鎮痛剤や漢方薬を使用することで、痛みをコントロールしたり、「ホルモン療法」として偽閉経、偽妊娠状態にすることで病気の改善を目指します。または、ピルを使って、症状と病気の進行を抑えることもあります。

手術療法では、将来の妊娠・出産の可能性を残すため、病巣だけを切除したり、焼いたり、癒着を剥がして、子宮を残す「保存手術」が最初に選択されます。しかし、痛みや不妊が改善されるものの、30%の人が再発するといわれています。

保存手術で再発した場合、癒着が激しい場合、今後の妊娠を希望しない場合は、子宮や卵巣の両方、あるいはいずれかを摘出する「根治手術」を行い、病気の完治を目指します。