子宮頚管ポリープの大半が良性ですが、再発しやすい

皮膚や粘膜から茎が出て、キノコ状に突き出した腫瘤(コブ)のことをポリープといいます。子宮から膣へと繋がる細い管の部分を「子宮頚管」といいますが、この子宮頚管の内膜が増殖し、茎からキノコがぶら下がったようになる(イラスト写真参照)のが、子宮頚管ポリープです。

外来の摘出手術で治療できます

ポリープの大きさは米粒くらいのものから、鶏卵くらいのものまで様々です。通常は1つだけできますが、複数できる人もいます。

症状としては、おりものが増加、血の混じった茶褐色のおりもの、不正出血、セックスの際の接触出血などが挙げられますが、全くの無症状の場合も珍しくありません。いずれにしても妊娠・出産への影響はほとんどありません。

子宮頚管ポリープの発症年齢は20歳前後の若年層から老年まで幅広いですが、多発するのは40歳~50歳代となっています。原因は頚部内膜に慢性的な炎症ができ、そのために頚管粘膜が増殖して起こります。

子宮頚管ポリープのほとんどは良性ですが、ごく稀に、再発を繰り返すうちにがん化したり、その前兆のものもあります。がんかどうかは、ポリープの一部を採取して顕微鏡で組織を調べればすぐに分かります。

良性の場合、子宮頚管ポリープの治療は簡単です。外来の手術で、ポリープの根元を鉗子(かんし:主に物を掴むために使用される医療器具)で掴んで、捻って摘出してしまうだけですので、入院の必要もありません。手術当日は、多少の出血がありますが、その日だけで止まりますし、痛みも全くありません。

ただし、ポリープの原因となる慢性の炎症があると、ポリープをいくら摘出しても再発の可能性が残ります。したがって、炎症を完全に治すことが大切です。慢性的な炎症があるということは、それだけ再発のリスクが高く、またがん化する率も高くなります。

ポリープが再発した際には、放置せずにその度に摘出することが大切です。そして、摘出したポリープを検査していれば、がんの発見が遅れることはまずありません。がんであることは滅多にありませんが、絶対にがんではないと言い切れないのが子宮頚管ポリープなのです。